業務環境の維持コスト

業務環境の維持コスト

これから起業を考えている方や、業務の幅を広げ、より高い位置でビジネスを展開したい方にとって、一つの壁となるのが「業務環境の維持コスト」とも言えます。特にSOHOや個人事業主の場合、一人で仕事を行える分自宅業務で問題ないものの、クライアントとの打ち合わせや会議の参加において専用のスペースが必要になってくると言うケースも決して珍しいものではありません。 名古屋においては、駅前一等地などを事務所として住所をレンタルできるバーチャルオフィスと言うものを利用することで、名刺にもそちらの住所を記載できる、専用の転送電話番号やFAXなども利用できるようになるため、あたかも別の事務所を持ったような感覚で業務を執り行うことができるようになるのです。